大人のピアノ初心者がとても有利な武器を持っていることをご存知ですか?

ピアノ再開組は、ピアノ経験ゼロの人と比べるとデメリットも多いということをご存知ですか?

 

最近、子供の頃に習っていて大人になってピアノを再開しましたというピアノ学習者の方が増えています。そういう方は昔ピアノを習っていたんだし、今までピアノすら習ったこともないという人と比べるとメリットしかないんじゃない?と思われる方も多いでしょうが、実はそんなことはありません。子供の頃に習っていたからこそ、その情報が足を引っ張ってしまうということも多いという場合もありますし、経験ゼロの大人の人の方が有利ということもたくさんあるのです。今回はそんな話をしていきたいと思います。

 

 

ピアノ経験ゼロの人は、先入観がないので頑張れるというメリットもある。

 

ピアノを今までに習ったことがない人の最大のメリットは「先入観がない」という点です。ピアノの世界で暗黙の了解で知られているピアノの世界の常識というのがないので、それがとてもよい効果を導き出すことも度々あります。

例えば、幼稚園や保育園に通っている小さな子供は恐れを知りません。恥ずかしいとか、失敗したらどうしようというような雑念も少ないので、人まで何でも出来ちゃうという強みもあります。

これはピアノ教室においても同じことが言えて、本当は小学生の方が実力があるのに「失敗したら嫌」とか「間違えたから恥ずかしい」という気持ちが先に出てしまって、簡単な曲でも人前で弾くのを嫌がる傾向があります。

ところが4、5歳の小さい生徒さと、怖さとかその曲の難しさがわかっていないのでトライしてしまう、「やっちゃったら出来ちゃった」というようなこともザラにあるということも多いです。

これと同じように、子供の頃にピアノをやっていた方は、この曲はこれくらい難しいとか、この曲はこう演奏すべきという先入観があって弾けなくなってしまうという場合も多いのです。

ところが、今までにピアノを習ったことがない方は、その先入観がないので、意外と難しい曲をサラっとやってのけちゃうという場合もあるのです。

これが、ピアノを習ったことがない人の強みだと言ってもよいでしょう。

 

 

綺麗な音と汚い音の違いが分からない、これも「ある意味強み」かも?

 

幼稚園の子供と同様、これまでにピアノを習ったことがない人や独学でピアノを続けてきた人の強みは「よい音」「綺麗な音」がわかっていないという点もあるかもしれません。

どの音が綺麗で、どんな音が汚いのか?どの音が潰れていて、どの音が響いていて美しいのか?それすらわかっていないというのもある意味、その人の強さでもあると思うのです。

これはよい悪いという問題ではありません。あまりよく分からない→人前でやるのが怖くない→人前で回数をこなすことができる→ いつの間にが上手になってしまっている。

こういう構図ができる場合があります。

これは、英会話がよい例だと思います。

例えば、有名大学を卒業した人は英語の実力もある程度はあるのに、人前で英会話をすることができないという人が多いです。これは、逆にいうと「わかっているから出来ない」というのと同じ状態だと思うのです。

ですから、英語を習い始めたばかりの中学生の方が恐れを知らないので、平気で外国人と会話が出来てしまったり、それがどんどん楽しくなって、会話もできるようになってしまったりetc・・・そんなことがたくさんあると思うのです。

 

ピアノ経験ゼロは「出遅れ」ではなく、強力な武器を持っている!

 

一般的に、ピアノ経験ゼロの人は、再開組の人よりも大きく出遅れているというイメージが付きまとうようですが、実は、前述の通り、そんなこと全然ない場合も多いのです。

また、これも一般的に誤解されることですが、大人の方が子供よりもピアノの進みも早いです。

例えば、5歳から8歳までピアノを5年間続けたとします。なんとなく5年間だからとても上手になっているだろう?と思われがちですが、実はそんなことはありません。

ピアノの楽譜を理解するためには、算数の能力が必要になりますが、5歳から8歳の子供が分数を理解するのはとても大変ですし、計算もそんなに上手にできる年齢ではないので、そんなに進むことはないのです。

ところが、大人が5年間ピアノを続けた場合、遅くても初級は通り越して「初中級(ブルグミュラー程度)」以上の実力はつけることができると思います(もちろん、本人の練習量や先生にもよりますが)。

 

何よりも大人は自分自分をコントロールできるという能力を持っている

 

大人初心者はそのほかにも子供と比べると大きな武器を持っています。それは、自分自身をコントロールできるという点と、自分の性格を自分で考えてどうすればできるようになるのか?を考える力を持っているという点です。

子供の場合は、その部分に関しては親の力を借りなければ出来ない場合が多いので、これはその子供の実力というよりも「親子の実力」もしくは「親子+先生の実力」と考えてよいと思います。

ところが、大人のピアノ初心者の方は、自分で自分をコントロールできますので、自分でできる方はどんどん自分で進んで力をつけていく場合もあり、メキメキと上達する方もたくさんいらっしゃいます。

 

自分は経験がないから、とても損をしていると思っていらっしゃる方がいたら、実はそんなことはないということも頭の片隅に入れておいていただけるとよいかなと思います。

また、大人で再開組の方も、逆に再開組だからこそのデメリットがあることも頭の片隅に入れていただけると良いかもしれません。

 

・・・・・・

メルマガ、スタートしました。

「幸せピアノ」メールマガジン始めました。美しい音、幸せマインドetc…・・・・・・・・

 

 

こんな記事もお役に立つかも???

 

・・・・・・・

 

あなたがピアノで幸せにでいられるのをいつも応援しています。

今日も訪れていただき、ありがとうございました。

 

 

ぜひシェアしてください♪

無料動画プレゼント中!

あなたのピアノ演奏、音色、そして人生がじわじわと好転するメルマガです。

ご登録者様全員に「ピアノ脱力関連動画」を2本プレゼントしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です