小学校「低学年のピアノレッスン」と「親とピアノ教室」の関わり方。

小学校低学年の子供のピアノレッスン、親がはどれくらい関われれば良い?

 

今回は、小学校低学年の子供(1年生〜2・3年生位まで)のピアノレッスンに関して、お家の方がどれくらいフォローした方が良いのか?という部分についてお話をしたいと思います。

 

幼稚園の頃の親との関わり方については前回の記事「幼児のピアノレッスンと親との関わり方」でその内容について書きましたので、興味がある方はリンクをクリックしてみてくださいね。(^^)。

 

毎回、同じような言い方をしていますが今回のお話もあくまでも一例であって、それぞれのご家庭の環境、お母様の性格、お父様の性格、子供の性格、精神年齢などによって対処方法が変わってきますので、絶対にそうじゃなきゃいけないという話ではないことをお含みおきいただきたいと思います。

 

 

幼稚園の頃からピアノを習っていた場合は小学生になったら親が離れましょう

 

同じ小学校1年生(2年生)でも、その前(幼稚園の時期)からピアノを習っていたか?習っていなかったか?によって対応が変わってきます。

 

まず、幼稚園の頃からピアノを習っていた子供の場合、幼稚園の頃は「親のサポートありのレッスン」でしたから、ピアノレッスンから少しずつお母様がフェードアウトしていくように持っていくという作業が必要になります。

 

ピアノレッスンから親はフェイドアウト、親の色(カラー)を抜いて

 

1年生になったんだから「今日からあなたのレッスンなんだから、お母さんは関係ないからね!」と急にハシゴを外されてしまったら子供はとても戸惑います。

 

ですから、良いタイミングをみて、少しずつお母様(お父様)の色を抜いていくように持って行った方が良いです。

 

いつまでも親御さんの色をつけたままレッスンしていると、子供の自主性が育たずにレッスンにも支障を来たす場合も多いのです。

 

例えば、「どんな曲弾きたい?」と聞いても「お母さんに聞かないと分からない」とか、こちらが「来週レッスンお休みなんだけど、○曜日は来れる?」といった内容のことでさえも「お母さんに聞かないと分からない」という返事が返ってきます。

 

また親のカラーが抜けない生徒さんの場合は「物事を決められない」というのも多いです。

 

「この曲とあっちの曲、好きな方やっていいよ」と言っても、「うーーん、どうしよっかな?お母さんに聞こうかな?」など。自分のことなのに・・・と思ってしまうことも多いです。(その場合は連絡を差し上げますが)

 

 

小学校1年生以上からピアノレッスンをスタートした場合は、ほどよく親が関わっていきましょう。

 

1年生以上でピアノをスタートさせた生徒さんの場合、最初から「ピアノはお勉強」という意識を持っている生徒さんが多く、幼稚園時代からやっている生徒さんと比べると「学びたい意欲」や「やりたい意欲」がとても強い場合も多いです。

 

幼稚園時代からピアノをやっている子供も多いので、自分は遅れているという意識があるので「負けるものか!」というような気持ちも強く、追いつこう追いつこうとするのも遅く始めた子供ならではの特徴です。

 

逆に幼稚園時代からやっている子供は「私は先に進んでいるし、分かっているから」という気持ちが強い場合が多いのであまり頑張るということはしない場合が多いのですが、逆に1年生以上で始めた子供の方が「頑張る!」という点にかけては上回っている場合が多いです。

 

また学校生活により、授業や勉強という意識も根付いてきていますので、自主性も強くひとりで解決しようとする力が強いように感じられます。(もちろん、じゃないお子さんもいらっしゃいますが・・)

 

この場合の親御さんは、最初から「子供だけ」でこさせて全く関わって来ない親子さんもいますし、毎回のレッスンに顔をだす親御さんもいますし、その中間、たまに顔を出してくださる親御さんもいます。正直、どのタイプの親御さんでも「良い面、悪い面」を持っていますので、それぞれのご家庭の状況に合わせて・・というのが良いと思います。

 

 

 

子供は親が喜ぶのが好き、ピアノも同じ。褒めてあげましょう。

 

 

ただ、全然教室とは関わらない親御さんであっても、ピアノの先生としてひとつだけお願いしたいことがあります。それは、「おうちの人は○○ちゃんのピアノ好きなんだよ」という気持ちは出して欲しいのです。

 

「あなたがやりたいっていうから月謝払ってるのよ」という気持ちだけではお子さんのピアノは決して上達しません。

 

私ごとで恐縮ですが、Minnaの母親は戦中・戦後を生きてきた人間です。私の場合、母親は楽譜も読めなかったし、もちろん鍵盤も弾けなかったけれど「私が演奏している姿をそばで感じるのがとても好きな人」でした。

 

私は子供心にその気持ちを受け取っていましたので、母親の前でよく演奏したものです。また私自身、自分の娘が練習しているのを聴くのも大好きでした。そういうことが「続く」ということに繋がるのかもしれません。

 

 

親は何もできなくても良いので、せめて声かけだけはしてあげましょう

 

 

私の経験則で言えば「口を出さない」「先生にお任せします」というタイプの親御さんの方が長続きするというのは体感で感じられているのは事実です。

 

親御さんは教える必要は全くないと思っています。でも、うるさく言うのではなく、さらっと「ピアノ聴きたいな・・」とか「あれ、聴かせてくれないかな??」

 

・・・と言う言葉を出していただくだけでも子供の心には届くものです。練習するしないは、小学校中学年頃までには完全に本人の問題になってきます。

 

親御さんとは関係のない話になってきますが、それでもお月謝を払うだけと言うのではなく、なんとなーーくでも良いので「子供のピアノに関心があるそぶり」だけでもしていただけると、続ける気持ちが変わってくると思うのです。

 

<まとめ>

 

幼稚園から始めた子供よりも小学校から始めた子供の方が「やりたい気持ちが強い場合が多い」。幼稚園時代から始めたお子さんは少しずつ親のサポートをフェイドアウトする必要もある。(ただし、幼稚園時代でなければ身に付きづらいスキルもあるので、ご家庭の判断は重要。

 

・・・・・・

幸せピアノメールマガジンやっています。

 

「幸せピアノ」メールマガジンのご案内。美しい音、幸せマインドetc….

 

こんな記事もお役に立つかも???

 

 

あなたがピアノで幸せになるのをいつも応援しています。

今日も訪れていただきありがとうございます。

ぜひシェアしてください♪

無料動画プレゼント中!

あなたのピアノ演奏、音色、そして人生がじわじわと好転するメルマガです。

ご登録者様全員に「ピアノ脱力関連動画」を2本プレゼントしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です