個人のピアノの先生には資格が要らない?月謝が安いって本当??

資格と月謝と内容は比例しないピアノの先生。どの先生を選べば良いか?

 

一般に、ピアノを教えている人のことを私たちは無意識に「ピアノの先生」とひとくくりに呼んでいますが、その立場や所属する組織によって収入、責任、仕事の内容もかなり違います。

 

 

大手の教室の先生(YAM○HA, KAW○Iの先生など)

 

 

大手の教室の先生ですが、ピアノ教室業界ではこの先生たちは「楽器店講師」と呼ばれています。

 

その理由は、大きな教室の場合、どこかの楽器店がその教室を運営している場合が多いからです。また先生が複数名在籍して規模が大きいのも特徴です。

 

楽器店というのは、その名の通り、ピアノを始め、ギター、管楽器、弦楽器などを販売している会社(お店)のことで、楽器を販売するために教室も運営しているのです。

 

楽器店の先生たちは、それぞれの採用基準にそった入社試験?を受け、採用されるようです。

 

その試験は、地域や楽器店によって異なり、明確な基準は設けられていないようです。

 

いまはどうか分かりませんが、私が若い頃、楽器店の生徒さんがそのまま楽器店講師になるというケースもありました。

 

 

 

楽器店講師さんは教えることに集中できる

 

 

楽器店講師さんの場合、生徒さんの募集や事務手続きは、会社側、もしくは楽器店がやってくれますので、先生は教えるという業務だけに専念できます。

 

また、楽器店教室の場合は地域に根付いている場合が多く、集客力もあることから、年齢別のグループレッスンやヘッドフォンを使った楽器の場合は鍵盤楽器でもグループレッスンを行っている場合もあります。

 

img_2897

 

講師(先生)の収入は、これもその楽器店によって異なります。

 

先生の取り分は、生徒さんのお月謝の5割~6割あたりになるようです。

生徒さん側からすれば、先生の取り分が少ないように感じられるかもしれませんが、楽器店取り分の4~5割で教室運営の場所代(ビル家賃など)、

 

事務をやってくれる人の人件費、楽器代、楽器メンテナンス代(調律など)、教室内部の維持管理費、その他広告宣伝費などを賄わなければならないので、妥当と言えるのではないでしょうか?

 

 

生徒さん側から見ての楽器店講師さんのメリットは・・・、

 

 

1.曜日や時間を簡単に変えることができる。(先生が変わる可能性はあるが)

2.その先生が合わなかった場合、同じ教室内で先生を変えることが出来る。

3.規模が大きい教室なら、他の生徒さんとのグループレッスンが可能な場合も。

 

 

生徒さん側から見て楽器店講師さんのデメリットは・・

 

1. 振替レッスンを行ってもらえない場合が多い

2,長期的に同じ先生に教えてもらえない場合もある。

3.他の子供と比べてしまう場合もある(メリットにもなる)

 

 

 

個人のピアノの先生の資格・月謝とレッスン内容は比例しない

 

 

自宅の一部を教室として開放し、自分のピアノを使って生徒さんを指導している先生が、この自宅教室講師です。このブログの管理人MInna もこの部類に入ります。

 

ひとつの教室でひとりの先生という場合が多いですが、中には姉妹で、母娘で、友人の先生同士でひとつの教室を運営されている教室もあるようです。

 

 

ひとりの個人のピアノの先生は事業主(ひとり社長)

 

個人ピアノ(音楽教室)の先生は「講師」というよりも「事業主」です。規模はかなり小さいのですが「ひとり社長だけでやっている会社」と言っても良いでしょう。

 

社長であり従業員であり、講師という立場も兼任しています。

自宅教室ですから教室として使うスペースの家賃こそ不要ですが、生徒さんから直接お月謝を預かって指導していますのでその分責任も重くなるのではないかと考えています。

 

特に自宅が持ち家(自身、もしくは配偶者所有の家)だった場合には、そう簡単に引越しもできません。

 

子供でもいれば子供がらみのお付き合いもありますから、そんなに甘い職業ではないと私は思っています。

 

入社試験や資格試験こそないものの、先生自身が商品になり、その商品が良くなければ生徒さんはその教室に定着しません。

 

その先生の良さというのは教え方はもちろんですが、生徒さんを集めたり(集客)、長続きするように工夫したりと言った努力も必要です。

 

 

生徒側から見て「個人ピアノの先生」のメリットは、

 

1.自宅から近い場合が多い

2.同じ先生に長期的に従事できる場合が多い

3.休んだ場合に振替レッスンをしてもらえる可能性が高い

 

生徒側から見て「個人のピアノの先生」のデメリットは、

 

1,お互いの生活が見えてしまうかもしれない。

2,発表会の規模が小さいかもしれない(場合による)。

3,夜遅くまでレッスンしていない教室が多い。

 

などが挙げられます。

 

生徒さん、もしくは保護者の皆様は、それぞれのメリット・デメリットを考慮されて、ご自身、もしくはお子さんに合う先生を見つけて下さいね。

 

<まとめ>

 

楽器店講師→規模が大きい場合が多い。生徒さんも多い。融通がききにくい(かも?)

個人教室講師→ひとりでやっている会社と同じ(融通がききやすい(かも?))

 

 

・・・・・・・・

こんな記事もお役に立つかも??

 

 

メルマガ始めました。

「幸せピアノ」メールマガジンのご案内。美しい音、幸せマインドetc….

 

 

あなたがピアノで幸せでいることをいつも応援しています。

今日も訪れていただきありがとうございます。

ぜひシェアしてください♪

無料動画プレゼント中!

あなたのピアノ演奏、音色、そして人生がじわじわと好転するメルマガです。

ご登録者様全員に「ピアノ脱力関連動画」を2本プレゼントしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です