教材動画15本を無料でプレゼント

教材動画15本をプレゼント中!

ご登録者様全員に「有料教材」を無料で15本プレゼントしています。



あなたのピアノ演奏、音色がじわじわと進化する無料講座です。

動画だけでも音が変わったと、たくさんの喜びの声を頂戴しています。

ピアノ脱力習得5つのポイント

みんなのピアノ Minnaです。

今日はピアノ脱力習得の5つのポイントをご紹介します。

今日のテーマも

YouTube動画でご説明・ご案内しています。

もしかしたら、この5つのポイントを

全部クリアしたら

もうあなたはピアノ脱力のマスターになってしまうかもしれない!

そんな内容なのでぜひぜひ最後までご覧ください。

 

以下は、動画の内容を文字でお伝えしています。
最後までよろしくお願いいたします。

みんなのピアノでは、

ピアノを使わないピアノ上達法

身体に痛みのない

無理のない上達のコツについてお伝えしています。

ピアノ脱力5つのコツ

今日は、脱力5つのコツをお話ししていこうと思います。

よろしくお願いします。

 

用意するもの

ご用意していただきたいものが2つあります。

1つは目はボールです。

ボールを膨らました状態をコントロールできるものがいいです。

空気抜けないと不便なので、ゆるゆるの感じで

パンパンではなくゆるゆるの感じで1つご用意ください。

ボールは100均でも売っています。

もう1つは、

自立できるもの

水筒でもいいし

今日はヘアスプレーを用意しました。

殺虫剤でもなんでもいいです。

では今から行っていきます。

指が緩まない理由

ピアノ脱力ができないという方がとても多いんですけれども

その脱力ができないっていうことはこの指がね

やっぱり緩んで行かないんですね。

その緩んでいかない理由っていうのがあるんですけれども

動画では、10分ぐらいでご案内してるので

全部その理論をここでご説明するのは無理なので

ポイントだけに絞ってお話しさせていただきます。

 

どうすれば指は緩むのか?

 

「緩まないポイント」っていうのがあるので

まず「緩むように」
まず今日は(緩むように)していきたいと思います

指をどうやったら緩ませられるかの?そういうお話ですね

まず先ほど言ったこのボールですねボールをご用意ください

あとはこの自立するものですね

ピアノ脱力取得までの「5つのポイント」

一つ目骨盤を立てるです

骨盤を立てる

 

立てるには、どうすればいいのってなってしまう方多いと思うので

先ほどお話ししました

「自立するもの」を椅子に置きます。
出来る時ギリギリ前に座ってくださいね

お尻に(自立するものを)
ピッタリとつけます。

お尻を自立したものにつけた時に
仙骨って骨があるんですけど

この仙骨がこの自立するもの(ヘアスプレー)にいつもついていて欲しいです。

あのヘアスプレーと粉の線香と

お尻の骨がペタッとくっついてるイメージですね

常についていて欲しいです。

この先ほど言ったことボールを足の間に挟みます

挟むということはこれ坐骨幅になるんですね

「骨盤幅」(足が)で、試しにこれでピアノを弾いてみてください

結構、音が変わるから

それにびっくりされる方も多いんじゃないかと思います。

 

2つ目、足は骨盤幅です。

3つ目は小指から腕をあげる

です。

手をあげるときに

手を親指からではなくて、小指からあげてくださいね

親指から手をあげると

お試しに、手をフリフリをして
こうやってもらうと分かるんですが

この画面見ててくださいね。
今、親指からあげました。

今こう指先が緩まない緩まない状態

というのは分かると思います

今度は、小指からあげてみてください

小指からあげると、手がゆるゆる

指先がゆるゆるしているのがわかります。

これは画面を見てるだけじゃなくて自分でもやってみてくださいね

やれば必ず納得ができますから

納得できないことはやっぱり人間って

取得できないんですね。
まず納得していただきたいです

3つめ、手は小指から・・とお伝えしましたね

 

 

4番目は・・・

この手を上げて小指からの時にあげた時に

手のひらがもしカメラ写ってるとしたら

手のひらが見えるということがポイントですね

反対に、手の甲が見えて

フリフリしても指は緩みません

これやってね、絶対にやってくださいね。

小指側から手を上げると、ほら指が緩むでしょ?

これだけでも、相当柔らかく指が使えるようになると思います。

5つ目で最後ですね


こうしてあげた時に

手首が一番上になってるパターンの時は

手・指が緩みが緩みません

でも、こうした時(一番上が第3関節)になってほしいです

そうするとほら

今この指先から肘まで「ひらひらしている、波のようになってる」

のがわかりますかね。

親指から行くと

ほらなんか「バシャバシャ」ってバタ足みたいでしょ?

バタバタしてる感じなんではなくって

小指からゆるゆる行きますよね

その時にこのさっきのこのヘアスプレーが常に腰の方にあること

それからボールが骨盤幅に。
これものすごく大事です

 

おさらいしますね

まず1つ目、骨盤を立てるです。
自立できるものが背中につくですね。

それから足を骨盤幅。
骨盤はボールを使ってください。

足の間に挟んで行きます。

それから手をあげるときは
親指からではなく小指からあげます。

ピアノ弾く時のように上げていきます

4つめ。あげた時に手のひらがカメラがあったとしたら

カメラに見えるような位置。

5つ目手首が上がってしまうとほら指緩まないですね。

第3関節を一番上にして、そうすると指の先が緩んできます。

この5つ、是非に頭に入れて

ピアノ演奏に取り入れていただければと思います。

いかがでしたでしょうか。

 

・・・・・・・

今回の、ピアノ脱力の習得、もしくはその指の先を緩めるね

この方法5つのポイントについてお話しさせていただきました。

 

最後までありがとうございました。

ぜひシェアしてください♪

無料動画15本をプレゼント中!

あなたのピアノ演奏、音色がじわじわと進化する無料講座です。

ご登録者様全員に「有料教材」を無料で15本プレゼントしています。

無料で15本の教材をGetする

↓↓↓




2 件のコメント

    • ごめんなさい
      こちらの投稿に気づきませんでした。

      歌のイベントは終わってしまいました‍♀️

      公式Line からご連絡いただければ
      みえ先生のメルマガをご案内します。

      ご連絡お待ちしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です